一番気になるシミ予防

スキンケアはとても大切です。

私は特にシミを気にしたスキンケアを行っています。

今、メビウス製薬のシミウスという商品を使っています。

こちら、オールインワンジェルでとても便利です。

シミウスを使おうと思ったきっかけは30代に突入して、シミが気になりだしたからです。

それまではドラッグストアの化粧水や乳液で済ましていました。

シミは年齢とともに濃くなってきていて、私は特に頬が気になります。

こちらのシミをなんとかしたいと思いネットで色々と調べていたところ、シミウスに出会いました。

評判が良かったのでさっそく注文し使ってみると、まず使いやすさに驚きました。

ジェル状でベタベタせずよくのび、ひんやりしていて気持ちがいいです。

また、オールインワンなので乳液を塗る必要もなく、時間の短縮にもなります。

使い始めて数ヶ月、私は肌のトーンが明るくなった気がします。

それからシミ予防には他にも色々と気を使っています。

私は外出するとき必ず日焼け止めを塗ります。

雨の日以外は季節問わず絶対です。

アームカバーや日傘なども忘れないようにして紫外線から肌を極力守るようにしています。

これから年齢とともにシミは増えると思うので、少しでも予防できたらと思っています。

セラミドの原液で肌がもっちりしています。

40代半ばを過ぎると保湿してもすぐに乾燥したり、ほうれい線や目元、口元の小じわなど、気になる点が多くなります。

それで以前は保湿効果の高いコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水を使用していました。

しかし、冬の時期はすぐに乾燥してしまうのでセラミド配合に変更しました。

ただ、セラミド配合の化粧水を使用しているわけではありません。

私が使用しているのはセラミド200といって原液です。

これは今、使用している化粧水や乳液に少し混ぜるだけでいいので簡単ですし、何よりも2000円程で買えるのが気にいっています。

これを使用する前は化粧水と乳液で月に5000円~6000円程スキンケア化粧品に掛けていました。

今はドラッグストアなどで買える1000円や1500円の安い化粧水にセラミドの原液を混ぜて使用しています。

保湿力が高いので乳液を使用するのは辞めました。

セラミドの原液が2000円程、化粧水が1000円なので毎月3000円に抑える事が出来ました。

毎回、化粧水に入れているわけではなく、週に2~3回程です。

寝る前に使用すると2日は十分肌がもっちりしていますし、ファンデーションのノリも良くなった気がします。

最近は原液があれば高いスキンケア化粧品は不要だと感じています。

毎日続けられる!おすすめのスキンケア♪

女性にとって、お肌の悩みは永遠のテーマだと思います。

今日は、私のおすすめのスキンケアの方法に関してお伝えします。

スキンケアで私が思う大切なことは、ずばり毎日続けられるお手入れ方法を見つけること!

どんなにいい商品でも、値段が高くて買い続けることが難しかったり、手間がかかって面倒になって出来たり出来なかったりしまったりしては、もったいないです。

まず、おすすめの商品ですが、洗顔には牛乳石鹸がおすすめです。牛乳の絵がついたパッケージを見たことがありませんか?

価格もひと箱100円程度で購入することができます。洗顔タオルを使うともこもこのきめ細やかな泡立ちになって、しっとり洗い上げることができます!

そして化粧品では、個人的には【ちふれ】の商品がおすすめです!

プチぷらで価格帯も1000円以内に抑えることができて、しっとり系からさっぱり系まで種類も分かれています。詰め替え用も出ています!コストを抑えることができるので、たっぷりと毎日使うことができますよ!

毎日しっかりと使い続けることが何よりのお肌へのご褒美になります。

そして、もう一つおすすめのスキンケアが、お風呂上りにしっかりとお肌を冷やすことです!

生菓子などを買った時に保冷剤をもらうことありませんか?

私は、この保冷剤を常備しておいて、スキンケアとして使用しています。

お風呂上りは蒸気や熱で毛穴が開いた状態です。

そこで化粧水などを素早くしみこませたうえで、冷やすことでお肌をキュッと引き締めることができます。

お風呂上りにテレビを見ながらできるので、おすすめです!

毎日続けて、お肌美人を目指しましょう★

スキンケアは馬油という意見も一理あり

スキンケアコスメとして馬油を使っている」とかいう人がいて驚いたことがあります。

私は肌が丈夫な方ですから、市販の化粧水や乳液でスキンケアをするので問題はないのですけれど、しかし彼女は「一般的な市販のスキンケアコスメだと肌が荒れてしまう」ということで。

それで馬油を乳液とか美容クリーム代わりに使っているということです。

私はスキンケアとして、洗顔後にまずは化粧水を肌にふりかけます。

そして次に保湿のために乳液をつけるわけですが、お肌の弱い彼女の場合はそこで登場するのが「馬油」ということで。馬油はしっかりと保湿してくれるそうです。

とある男性コメンテーターが髪の毛につけるといいとやたらと言っていましたので、私は「馬油といえば髪の毛を良くするためにつけるもの」というイメージがずっとありました。

けれど馬油は万能薬のように使えるようで、お肌の弱い彼女のお肌の保湿にも役立っているのです。

「お肌の乾燥を防いで保湿をしてくれる」というスキンケアにおいて乳液や美容液が果たす役割を馬油はしっかりとしてくれているようで。けれど考えてみれば、ワセリンもお肌の保湿のために使われていますからね。

ですから馬油の使用もアリなのでしょう。実際に効果をあげていますし。